Entry Navigation

【ニュース】札幌市に介護タクシー共同配車センター、介護タクシー事業者など15社登録

いい取り組みですね。

結構こういうのは困りものなので。

しかしも車椅子利用者雇用の場にもなっているという。


グループウェアやSNSを利用して、それにメールも併用したらより確実で履歴も残るし、配車センターと介護タクシー事業者間で確認しやすいし楽な気がします。



福祉車両探す苦労解消 北区に共同配車センター 介護タクシーなど15社登録
(12/04 10:00)

 車いす利用者らが介護タクシーなどを使いやすいように、札幌市西区の社会福祉法人HOPが、介護タクシー事業者やNPOなどによる移送サービス事業者など15社を束ねた「札幌共同配車センター」を1日に開設、受け付けを始めた。

 車いす利用者や、寝たままで移動を希望する人は通常、介護タクシー事業者などに連絡し、空車がない場合は別の業者を自分で探し出す必要がある。こうした手間の解消が同センターの狙いだ。北海道運輸局によると、介護タクシーなど福祉車両に特化した配車センターは道内では珍しいという。

 サービス利用者がセンターに連絡すると、センターは配車希望日時や目的地、利用者の名前や住所、身体の状況などを聞きとる。その上で介護タクシー事業者など登録された15社に電子メールで顧客情報を配信する。

 配信を受けた各社は空車状況などから配車可能かどうかをセンターに返信。センターが配車業者を決めて、利用希望者に連絡する。申し込みは配車希望日の前日まで。受け付けは、平日のみで午前9時~午後5時。

 利用者が支払う料金は車両貸し切りのみで、介護タクシー事業者で30分2600円、移送サービス事業者ならば同千円。

 センターは、HOPが北区で運営する障害福祉サービス事業所のある建物の一部に置かれ、車いす利用者ら10人が受け付け、配車作業を担う。登録業者から配車ごとに徴収する手数料収入が、10人に配分される仕組みだ。

 HOPは市内に介護タクシー事業者などが100社以上あると見ており、「今後さらに多くの事業者に登録していただき、利便性向上を図っていきたい」と話している。同センターの連絡先は(電)011・763・7700か、メールアドレスpts@hop.or.jpへ。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/335755.html

関連記事
スポンサーサイト



category
介護や福祉関係のニュース

【ニュース】障害者就労、住民との交流の場 当別に共生型農園開業

障害者就労、住民との交流の場 当別に共生型農園開業(11/23 10:03)

 【当別】NPO法人「ゆうゆう」は20日、町内太美町1481に、障害者就労のレストランと地域住民の交流の場を併設した当別町共生型コミュニティー農園「ぺこぺこのはたけ」を開業した。プレオープン期間として飲み物のみの販売だが、12月5日に本格オープンし、和食ランチを始めるほか、来年からは農園で収穫した野菜も提供する計画だ。

 ふとみ保育所に隣接する約210平方メートルの木造平屋には、32席の和食レストランと約30平方メートルのフリースペースを備える。農園は約500平方メートルで、公募した名称には「おなかが空いた時に野菜を食べたいから」との意味が込められている。

 営業は、平日の午前10時から午後6時。本格オープン後は、地元食材を使った和食膳をランチタイムに提供する。当面、障害者3、4人とスタッフ2、3人が店を切り盛りする。

 フリースペースには、作業場と休憩室があり、地域の高齢者らの生きがい作りの場として活用してもらう計画。地域の子供たちとの交流のほか、高齢者の趣味や特技を生かした仕事創出も視野に入れている。

 既に地域住民による準備会も設立され、木工品やクリスマスツリーの飾り作りなどの子ども向けイベントや、豆腐作りなどが企画されている。

 菅原秀和センター長は「介護を受ける高齢者の方にもここに来て生きがいを見つけて、輝いた人生をすごす仕組みを作りたい。そのためにも、まずは地域の方に知ってもらいたい」と話す。問い合わせは同店(電)27・6440へ。(山崎真理子)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/333584.html
関連記事
category
介護や福祉関係のニュース

【ニュース】北海道限定転職サイト「はたら介護」

来たれ道産子! 北海道限定転職サイト「はたら介護」オープン!


北海道内で人材派遣・転職支援・人事コンサルティングサービスを提供している株式会社ヒューマンインプリンクは、7月12日、域特性を重視した介護職の就職希望者に特化した介護・福祉・医療求人サイト「はたら介護」を開設した。

「はたら介護」は全国を対象とした求人サイトでは成し得ない、きめ細かい網羅性と地域密着志向による介護求人マッチングの場を提供。求職者にとっては円滑な就職活動を、求人企業にとっては効率的で精度の高い採用活動が行える。

現在「はたら介護」オープン記念キャンペーンとして、求職者には、同サイトで就職が決定した場合にはQUOカードを進呈。求人企業には、求人登録基本料は無料で、採用・入社時に初めて報酬が発生する成功報酬制とする。

http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+7702.htm
関連記事
category
介護や福祉関係のニュース

【ニュース】札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業

札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業
2010/6/8 0:12

 札幌市は9月、市本庁舎1階ロビーに、障害者が働く「元気カフェ」を開く。障害者を5~9人雇うことを条件に運営者を公募し、事業費の一部を助成する。障害者の就労を支援するとともに、道産材を使って札幌の開拓時代の雰囲気を再現し、市民が集う場所にする。

 6月下旬から2100万円をかけて工事を始め、9月初旬に完成する予定。札幌市立大の学生らが「札幌の創成期」をコンセプトにデザインし、道産カラマツ材を使ったテーブルやベンチなどを配置する。床を木に変えるほか、鳥のさえずりなどの音楽を流し、北海道らしさを演出する。

 これから募集する運営者には、雇う障害者の人数に応じて700万~1000万円を助成する。札幌市が障害者を雇用するカフェを設置するのは3店目となる。

http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819491E2E6E2E2978DE2E5E2E4E0E2E3E29EE6E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
関連記事
category
介護や福祉関係のニュース

トランスコスモスアシスト(特例子会社)

株式会社トランスコスモスアシスト
http://www.trans-cosmos.co.jp/group/index.html

障害者の雇用促進を目的とした特例子会社

トランスコスモスから委託された事務作業を中心に業務をおこなっており、知的障害者の方がこの業務に従事しています。』
関連記事
category
障がい者雇用促進