電動車椅子の飲酒運転で逮捕?

『カナダ・トロント――トロントの裁判所は、パブで一杯ひっかけ、母親の電動仕掛けの「車いす」を運転して帰宅した35歳男性に飲酒運転の罪で罰金600カナダドル(約6万8000円)、18カ月間の保護観察処分などを言い渡した。 』
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200706080021.html

この男性は歩くのが面倒だから母親の電動車椅子を借りて飲みに行ったということなのか?日本製の電動車椅子はJIS規格で最高速度6km(早足程度)だけど、外国製は10km以上のものがあるから結構危険ではある。

とはいえ日本だと・・・・うーん、どうなるんだろう。
こんな話は聞いた事はないなあ。

なんにせよ飲みすぎには気をつけましょう。

関連記事
category
福祉介護にまつわること

Trackback

http://wheelchairarchives.blog100.fc2.com/tb.php/26-e0b8a9d1