脳卒中の専門病院

 親が倒れてすぐ運び込まれた田舎の総合病院から2週間ほどで脳卒中専門の病院に転院。総合病院にいた時は酸素に点滴で寝たきり状態、食事無しでしたが、転院したその日から点滴も無し、食事やリハビリも開始。

 次から次へと患者が運び込まれてきて、看護師さんの手が回らないところと違うのは仕方がないとはいえ展開の早さにびっくりですね。いきなり車椅子に乗せるし。

 ただし車椅子が病院で用意してあるのはさすがに既製品、うちの親にはちょっと合わない。当たり前ですね。小柄なうちの親に合うものを早いとこ用意しないとダメかな。

 おしりも痛いと言い出してるし。

 次に病院へ行ったらリハビリの先生と相談しよう。

 

関連記事
category
福祉介護にまつわること

Trackback

http://wheelchairarchives.blog100.fc2.com/tb.php/31-6081bff0