金融向けGIS・・・というより福祉業界向けGISは?

金融むけGIS 狙い家!Pro すべての情報は地図を通 して一元化営業の手薄な地域の発見、有力なエリアの絞り込みなど、CRMの推進に「狙い家!」は本領を発揮します!(ネクストウェーブ/北海道札幌市)』


勉強のためこのページを眺めてたら・・・・
http://www.next-wave.co.jp/products/campany/index_pro_k.html


あ。


これってちょっと変えたら福祉業界にぴったりのGISになるのでは?


個人宅のお客さんは多いし、あれどこだっけ? 地図ないか? で大騒ぎすることもなくなるか。

いつ申請したっけ?どんな申請だったけ?なんて過去の書類ひっくり返すこともなくなるか?

そろそろ様子を伺いに、という時も複数のお客さんを効率よく回れるか?

担当が替わっても引継ぎが楽か?

etc

こんなのがあったら車椅子の営業をしてた頃だいぶ楽だったなぁ。
北海道は広いしね。


この金融向けGISをちょっといじったら福祉機器業界向けGIS、福祉施設向けGIS、補装具業者むけGIS、介護支援事務所むけGIS・・・いくらでもできそう。複数の施設を持ってるところは統合型GISってやつでいきましょうよ(と、素人が軽く言ってみたり)。

頼みますよ、ネクストウェーブ様。



関連記事
category
福祉介護にまつわること

Trackback

http://wheelchairarchives.blog100.fc2.com/tb.php/34-7786d8d5