【ニュース】札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業

札幌市本庁舎に障害者雇用カフェ 9月開業
2010/6/8 0:12

 札幌市は9月、市本庁舎1階ロビーに、障害者が働く「元気カフェ」を開く。障害者を5~9人雇うことを条件に運営者を公募し、事業費の一部を助成する。障害者の就労を支援するとともに、道産材を使って札幌の開拓時代の雰囲気を再現し、市民が集う場所にする。

 6月下旬から2100万円をかけて工事を始め、9月初旬に完成する予定。札幌市立大の学生らが「札幌の創成期」をコンセプトにデザインし、道産カラマツ材を使ったテーブルやベンチなどを配置する。床を木に変えるほか、鳥のさえずりなどの音楽を流し、北海道らしさを演出する。

 これから募集する運営者には、雇う障害者の人数に応じて700万~1000万円を助成する。札幌市が障害者を雇用するカフェを設置するのは3店目となる。

http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819491E2E6E2E2978DE2E5E2E4E0E2E3E29EE6E3E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
関連記事
category
介護や福祉関係のニュース
tag
障害者
雇用促進
札幌市
元気カフェ
genre
福祉・ボランティア
theme
福祉関連ニュース

Trackback

http://wheelchairarchives.blog100.fc2.com/tb.php/56-582f3f30