スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

【ニュース】介護事業で札幌に初進出 帯広

介護事業で札幌に初進出 帯広
(12/02 10:00)

 【帯広】開西病院などを運営する医療法人社団博愛会(帯広)が、介護保険利用者のリハビリテーションに特化した通所介護事業所を札幌市内2カ所に開設する。人口の集中している札幌での介護需要の高まりを見越し、初進出する。

 博愛会は11月21日に「ポシブルさっぽろ元町」(東区)を開き、2012年1月9日に「ポシブル宮の森」(中央区)をオープンさせる。いずれもマンション1階部分のコンビニエンスストア跡に入るデイサービス施設となる。

 理学療法士と看護師、運動療法士、生活相談員の4人が常駐。天井から下げたロープで腕や足をつるして重力の負担を軽くする専用器具などを用いながら、1回3時間程度の機能回復訓練で退院後の運動能力向上などを支援する。

 博愛会は介護サービスのポシブル(東大阪市)とフランチャイズ契約を結んでおり、7月に帯広市内に「ポシブルおびひろ西」を開設済み。博愛会は「北海道の高齢者が元気に暮らせるよう支援したい」と話している。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/335391.html

関連記事
category
介護や福祉関係のニュース
tag
札幌市
帯広市
リハビリテーション
genre
福祉・ボランティア
theme
福祉関連ニュース

Comment

Trackback

http://wheelchairarchives.blog100.fc2.com/tb.php/77-e6b182b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。